スポンサードリンク

2011年02月26日

税金奪還マニュアルの内容

さて、税金奪還マニュアルの内容ですが、
全部で193ページあります。

序章から始まり第4章まであります。


序章は、節税テクニックを学ぶ前に知っておきべき事について書かれています。

第1章は、サラリーマンの節税方法について書かれています。

第2章は、経費計上について書かれています。

第3章は、減価償却費について書かれています。

減価償却費とは、例えば車などは価値が残っていれば0円にはなりませんよね?
なので、メモ帳のような消耗品と同じように必要経費として一緒に計上することはできません。

それが「減価償却費」というものになります。

第4章は、所得控除について書かれています。


で、副業で良く多いのがオークションです。
私もやっています。

例えばオークションの1年間の収入が25万円であったとします。


収入を得るために家の家賃とかインターネット接続代に電気代、
あとは仕入れに向かうためのマイカー代とガソリン代とかかかりますよね?

そういったものを幅広く経費計上することができます。


例えば、


家賃が98,000万円/月
インターネット接続代が5,000円/月
電気代が8,000円/月

そのうち副業で使用している割合が60%なら、
年間の経費は、合計79万9200円となります。


そして、1年間の収入が25万円なら、
必要経費79万9200円−事業収入25万円=54万9200円となります。


じゃあ54万9200円という金額がどれだけの税金を安くするのかというと、、、


所得税5%、住民税10%、国民健康保険税15%と仮定するならば、
54万9200円×30%=16万47600円

なんと16万円以上もの税金を安くすることが出来るのです。


16万ですよ?
16万あったらいろんなことに使えますよね!


あ、マイカー代とガソリン代載せるの忘れましたが
ここにマイカー代とガソリン代も加算すればもっと節税できます。


ただし、この節税法については注意点があって、

勤務先が副業禁止の会社である場合は、
こっそりと内緒で行っても、会社に送られる住民税の通知で知れてしまいます。


ですが、マニュアルの17ページに書かれている通りにすれば
会社に通知されないので大丈夫です。


もちろんどのように計算すればよいのか?

それについては25ページから丁寧に書かれているのでなんら心配はありませんよ。


詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください。





.
posted by taxfree-association at 18:35| 副業 税金奪還マニュアル 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。